もっと歯医者へ行こう

歯医者が好きな理由とは

トップ / 歯医者が好きな理由とは

歯医者さんは怖くない

歯医者さんが怖いとか嫌いという人がいますが、歯医者さんが患者さんに悪いことをしているわけではありません。多くの人は歯がいたくなってどうにもならなくなって歯科にいくので削ったり麻酔をしたりというつらい治療をするために、だんだんと歯科が嫌いということになるのです。現代は予防歯科の考え方が浸透していますから、虫歯になる前に歯科にいきます。ですから昔のように、歯科が嫌いという人は少なくなっているようです。きちんと歯科にいくことで、日本人に多い歯周病も予防できます。

自分に合った歯医者を探そう

歯は人の消化器官の最初の部分として、生活の質を考えるうえで重要な部位になります。しかし、虫歯や歯肉炎など、トラブルが多くその機能を失ってしまいがちなところでもあります。長く機能を保っていくには、歯医者とうまく付き合い、お口の健康を守っていく必要があります。しかし、歯科医院はなかなか足が向きにくいところでもあります。そのため、自分にとって通いやすい、自分に合ったところを選ぶのが一番です。歯医者自身の個性や、診療時間、場所など、できるだけ受診しやすいところを探すのが長く付き合える歯科医院を見つけるコツです。